MENU

男性がカチンとくる「男なんだから」という女の変な押し付けとは

女性も「女は女らしくして欲しい」という男性側の意見にウンザリしてしまうことがありますが、女性も同様に男性に対し、間違った認識で育ちかけた
恋心を潰しているのかもしれません。

 

そこで、男性が言われてカチンとくる、女の変な押し付けをご紹介しますので、自分が同じことをやっていないかチェックして下さいね。

 

 

●男性がカチンとくる「男なんだから」という女の変な押し付けとは

 

・買い物した荷物は男の方から「持とうか?」って言うべき

女はか弱いんだから、女性側が買い物をしたら男の方から「持とうか?」と言って、持つべきじゃない?と男性に説教してしまうと、それなら早く言え
よと、反感を持たれてしまいます。

 

「男は荷物持ち」という間違った傲慢な意識で接してしまうと、そんな女なんかこっちから願い下げだよな〜と、反感を買いますので、荷物を持ってもらった
場合にはちゃんと「荷物持ってもらってごめんね」「ありがとう」荷物を持ってもらいたい場合には、「重いから持ってくれるとうれしいな」など、言い方を
変えて持ってもらうようにしましょう。

 

 

・男はおごって当たり前じゃない?

男友達と食事に行った時や、初デートの時など、会計の時トイレへと行ってしまったり、レジの前をさっさと通過して外へ出て行ってしまうような女性には、もうおごりたくないような〜と内心ムカついています。

 

男性はプライドの塊なので、おごることは男の甲斐性にもつながることは判っていても「こいつは彼女にはムリ」と口に出さないまでも、見切りを
つけています。

 

おごってもらった場合には、ちゃんと「ごちそうさまでした」「今度は私がおごるね」と一言言い添えておくと、印象も変わってきます。

 

 

・自分のタイミングのみを優先した妄想

女性は誰しも夢見る夢子さんなので、好きな人や彼氏がいる場合、頭の中は妄想や色々なシュチエーションで盛り上がっています。

 

なので、妄想のタイミングが妄想通りでなかった場合、例えばプロポーズの場所がロマンチックじゃなかったら、やり直して、指輪が好みじゃないから
買い直してなど、自分の好きなシュチエーションを押し付けてくる女性は、男性もウンザリです。

 

頭の中で好きなシュチエーションを考えるのも結構ですが、その妄想を一方的に押し付けるのではなく、現実にできるように女性側もそれとなく関わることで、
現実のものにしていきましょう。

 

 

おわりに

男女では考え方も行動もまるで異なりますので、一方的な押し付けはトラブルの元になるだけです。

 

傲慢な態度に出ることなく、相性や性格などを考えつつ、男性へ一方的に寄りかかることなく平等な関係を築いていきましょう♪