MENU

助手席モテテク!ドライブデートのポイント5つ

天気の良い日、車に乗ってドライブデートへ!
運転は彼がしてくれると嬉しいですよね。
でも、助手席に乗せてもらったあなただって、ボーッとしているだけじゃだめですよ!
せっかくのドライブデート、助手席でできるモテテクニックを使って、彼からの好感度をアップしちゃいましょう。

 

■ドリンクやガムなどを手渡してあげる

運転をしているということは、両手がふさがっているし、よそ見ができないということ。
あなたが代わりにペットボトルの蓋を開けてあげたり、ガムの包みを開いてあげられると好感度アップ!
彼に頼まれる前に、「飲み物どう?」「ガム食べる?」
なんて聞いてあげられると、さらに良いでしょう。

 

■百円玉を用意しておく

前もって崩しておいて、100円玉を小銭入れに用意しておきましょう。
駐車場や有料道路の料金所、自動販売機等、以外と小銭を使うことって多いんです。
そんなときに、さっと彼に渡すことができると素敵ですよね。

 

■ウェットティッシュを用意しておく

最近は除菌タイプのウェットティッシュが多いですよね。
何かを食べる前に除菌したり、お菓子をつまんだ手を拭くのに便利です。
男性は車にこだわりのある人も多いので、べたついた手で車内に触れられるのは嫌がられるかも。
ウェットティッシュを常備して、清潔な手をキープする気遣いを見せたいですね。

 

■彼の体調を気遣う声かけをする

ずっと運転をしていると、いくら楽しいデートといえども彼も疲れてくるはずです。
大事な彼女を乗せている分、いつもより気も張っているでしょう。
そんなときに、彼女から
「大丈夫?疲れてないかな?」
などと気遣われると、それだけで元気が出てしまうのが男性というものです。
もちろん本当に彼の体調が悪いときには、いつでも運転を代われるようにしておきたいですね。
実際に彼が運転を代わってくれるか、他人でも運転しても良い車か(保険のこともありますね)という問題もありますが、
運転はあなたがするものでしょう?
という態度では、彼にも幻滅されてしまうかも。

 

■楽しい気持ちを前面に出す

助手席で押し黙っていては、彼もつまらなかったかな、と不安になってしまいます。
運転をしている彼はあなたの表情をはっきりと見ることはできません。
言葉で、彼に楽しんでいることを伝えましょう。
せっかくの二人きりの空間です。
思いっきり二人だけの世界に浸って楽しんでしまいましょう。

 

 

 

ただ二人でドライブをする。
それだけでも楽しいのがデートですよね!
どうせなら、ちょっとした気遣いで、あなたのことをもっと好きにさせちゃいましょう。
最後には笑顔で「ありがとう!」を忘れずに。
楽しんできてくださいね。