40代から結婚するための婚活

MENU

意中の男性に「アゲ」言葉を言われたら、どう解釈する?

出典:都合のいい女?既婚男性の本気の恋と遊びの恋の境界線と見分ける方法

 

女心はとても複雑です。
男性に言われた些細なことに一喜一憂するものです。
しかし、男性の言葉は女性が考えていることと多少ズレていることもあります。
意中の男性に言われた「アゲ」の言葉で、素直によろこぶべきか、考えるべきか、気を付けた方が良いことはあるのでしょうか。

 

1. 「君って、家庭的だね」

 

これは、女性にとって嬉しい言葉ですよね。
しかし、男性にしてみれば「結婚したらすぐにオバサン臭くなっちゃうんだろうな」という意味合いも含まれています。
本当に男性が魅力を感じるのは、遊んでいてそうに見えて実は家庭的である、というギャップのある女性です。
意中の男性に家庭的と言われたら、その他の部分をアピールするようにしましょう。

 

2. 「モテそうだよね」

 

これは、魅力的と思われていることには間違いありませんが、「彼氏がいるのかな」と警戒されている意味もあります。
また、男性が自分に自信が無い場合、「どうせ僕のことなんか相手にしてくれないんでしょ」という意味合いもあるかも知れません。
もしも男性にそう言われたら、「全然違います」と答えるよりも、「本命にはモテないんです」と冗談交じりに言ってみましょう。
男性から「いつも男と遊んでいる」というイメージを払い、誘ってもらえる状況を作りましょう。

 

3. 「結婚も考えているよ」

 

結婚「も」というところがミソです。
つまり、この先どうだか分からないけれど、そうなるかもね、という曖昧な言葉です。
これに女性が乗せられてしまうと、「結婚」の二文字ばかりが専攻して、全て男性優位で進んでいき、束縛されてしまう可能性もあります。
女性にとっては殺し文句である為に、はじめて付き合う男性から告白される言葉としては要注意しましょう。

 

4.「女はちょっとぽっちゃりの方がいい」

 

「ぽっちゃり」というと多少ボリュームのある女性を想像しますが、その前の「ちょっと」が問題です。
どれくらいなのかというと、殆ど標準体型と変わらないものです。
ぽっちゃりの部位が決まっていて、「バスト」「ヒップ」にボリュームのある、「ナイスバディ」を意味していることが殆どです。
「ぽっちゃりが好き」と言っている男性の殆どがスレンダーな女性と付き合っているものです。
自分の彼女を謙遜する為に使われる言葉としても使われます。

 

終わりに

 

好意を持っている男性の言動はどうしても耳を傾けて聞いてしまい、自分に都合の良いように解釈してしまいがちです。
誉められたら素直に喜ぶ女性の方が好かれます。
しかし、意中の男性にああ言われたから、こう言われたからと、自分をコロコロと変えたり、いちいち落ち込んだりしないようにしましょうね。